スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/11 -2 

続き。

前回までのあらすじ

初期戦争成功やでー
軍あまったでー
いける国いないし内政やでー

というわけで内政。バチカンはインドが建ててくれた。うめぇwwww

srr.jpg

シャルル死す。インドが主力受けてフランスとうちでハイエナ。さらに小屋を食ってお金500くらい稼ぐ。
エネは最下位。モンゴルより低いってのはどうなんだろうか、まあ最終で来る可能性があるのはモンゴルだけだ。

672d26cb583b4499bad7160f3ed70aca.jpg

150T、そして全和平。陸地は2位でエネは最下位だがこの時点で動ける国はモンゴル以外無い。
フランス・アラブ・インドはエネ拮抗状態であるため軍が譲渡された時点で攻めた国の勝ち目は消えるのだ。

熾烈なスパイ合戦が始まる。アラブから何故かぶっこまれる専制政治。
宗教ヤロー共がぶっこんできやがったんだ!なんて奴らだ!インドにもおすそわけ。そういえば大スパイ湧いてたんですよね。ただインドと生物の終わるTが同じということで適当に手頃な技術をパクりつつ体制変更で不幸のおすそわけ。

サラディン先生は生物が終わらない模様。お前は何のために軍拡をしてきたのだ。
そしてインドがモンゴルへ海上奇襲を仕掛ける。何故か焼かれるインドの都市。荒らされる改善。
モンゴルにはアラブからのライフル譲渡が入っている。ありゃ落ちんわ。
というわけで勝利にございます。

18a6274bc4e95a3deb9212cb5e034389.jpg

勝利のポイントは最終の動きの予想。
上位間で抜けている文明が無く、エネが跳ねている国が無い以上150では全和平しかありえない。
他国を攻めるということは軍譲渡の可能性が高く、同等のエネを持った相手から都市を掠め取るのは非常に困難だからだ。そして和平している国は軍の負担が消え研究投資が可能になり軍生産の必要性も無くなる。つまり研究点・人口点を伸ばしやすい体制になる為戦争で都市を得る事ができないならこちらの方が伸びる。
今回はこの形を見越した上でエネルギーを犠牲にし水道橋・ラスト10tの研究生産用の富を生産に投資する形を選択した。

コメント

http://www.g7t4ebprl6wb00a7g4k0a1348j4899gts.org/

ごーいんぐ まい うぇい ! 6/11 -2
xpblmzismw http://www.g7t4ebprl6wb00a7g4k0a1348j4899gts.org/
[url=http://www.g7t4ebprl6wb00a7g4k0a1348j4899gts.org/]uxpblmzismw[/url]
<a href="http://www.g7t4ebprl6wb00a7g4k0a1348j4899gts.org/">axpblmzismw</a>

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snsjack.blog75.fc2.com/tb.php/525-e7871a8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。