スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華vsスー 文明間考察 

中華としては苦手な部類に入るであろうスーとの文明間考察。

苦手な理由としては、大量に馬が出るという事。対馬に優れない中華としてはかなり辛い点です。
逆に有利な点では村に農民を隠れさせることで荒らしによる被害をかなり抑える事が出来る。

スーに対しては壁を張るのが定跡となっているので上手く壁を張る事が出来れば万々歳。
壁を張り切られてしまったスーとしては棍棒生産をして攻城能力を高めるか3進化、建物破壊ダンスで決めに行くかの2つに限定されると思います。
大半のスー使いは3進化、というか棍棒生産をしてくるスーを見たことがありません。
壁は1枚張れたなら2枚・3枚と張りたい所です。
建物破壊ダンスをフルで踊られてしまうと軍量十分のスー相手では壁1枚じゃ5秒持ちませんので・・・




中華としては早めに3入りする事を求められます。2の時代の貧弱な軍隊では軍量揃えられたスー相手にして止めることは出来ません。
その上3入り後にもタイムリミットがあります。
3のスーにはワキナライフルやライフルライダーなどの強力なユニットがあるため軍をアンチに当てることが難しくなります。
その点スーにはアンチ無視で突っ込ませても十分な戦果を上げることが出来るドックソルジャーが存在します。
2の時代のカードで2体 3の時代のカードで3 (チームカードで2) TCのBBで経過時間にもよりますが合計で少なくとも5体以上のドックソルジャーが出てくる訳です。

この軍隊を揃えられ、尚且つ戦闘ダンスを踊られては勝ち目はまず有りません。
相手がまだ3に入っていないのなら槍14?カードから切り始めて進化スカミ8+イワエン自働生産軍(槍3弓3)+槍14の軍で押す事も可能です。
この場合スー側馬オンリーでの想定をしているためセタンに対抗できるのがスカミしかいません。止まっての打ち合いで削りあいは絶対にしないように。
相手の小屋が見え弓生産をしていることが分かったらラッキーと思いつつ、スカミでチクチク削りつつカード火縄10を追加、馬馬生産をして押し切れる体制を作りたい展開です。

といった感じでしょうか、早め3入りでのカウンターを決める事が大切ですな。


と長々書いてましたが、正直まだ研究できる相手だと思います。
試してみたら意外と2でも戦えるみたいだったし。
スー側民兵無いのがやはり苦しく2Rされるとかなり厳しいみたいです、対スー2Rは戦術が確立してからまた記事として書きたいと思っています。

コメント

http://www.ge3o378r5iy1ov006xx7qkx7tb2c9109s.org/

ごーいんぐ まい うぇい ! 中華vsスー 文明間考察
<a href="http://www.ge3o378r5iy1ov006xx7qkx7tb2c9109s.org/">aogdivvdlz</a>
[url=http://www.ge3o378r5iy1ov006xx7qkx7tb2c9109s.org/]uogdivvdlz[/url]
ogdivvdlz http://www.ge3o378r5iy1ov006xx7qkx7tb2c9109s.org/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://snsjack.blog75.fc2.com/tb.php/457-0c782415

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。