スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ vs イギリス ドラLB 

mapはシベリアという事で自陣スタート読みでのハサースタートを選択。
相手のハサー生産が見えたので歩兵でのプッシュが無いであろうと判断、ハラスをしつつsemiFFの形を取りロイテル大砲編成を目指す。
歩兵スタートのパターンは後日リプレイが取れた時にでも。

金を非常に使う編成なのでbankの増設をし、市場で金2段を入れ量産体制を作る。

LBだと進軍し辛いのでmapコントロールを取りつつ金と肉の封鎖をして消耗戦を行う感じで。
一度mapコントロールを取られてしまうと軍が止まらなくなるので常にこちら側から押し続ける事が必要。

参考リプレイ

だんだん手抜きになってきた感があるけど気にしない

スポンサーサイト

オランダ vs スー 海有り 

参考リプレイ

リプレイ解説的な感じで。

NEなので海には確実に出る。スタンダードな立ち上がりで銀行2件。
槍生産から入って相手のボウライダー着弾時には多分スカミ5が出てるくらいなので普通に返せるはず。

今回は相手の交易boomが確認できたので前を押す・・・が、ちょっと迂闊だったか補給が遅くて死亡。
本来なら軍を溜めてスカミが15 槍18程度になってから押す体制を作る。

海mapの場合はスカミメイン、槍少しの体制を作り、建物で壁を作る事で相手のハラス・プッシュに対応し、その内に海boomの体制を作る。面倒なら壁2重くらい張っておけば相手も攻めてこない。

面倒なのは海を妨害された場合なので相手がカヌー等を出してきた場合はこちらも軍船を早めに生産して対応する。
海が負けたらNo future!
3に入れてフリゲが出れば基本負けません。

海内政が回った後はロイテルスカミで消耗戦を広げる。
相手がワキナを出してくるようなら大砲生産、それ以外ならロイメインだったりスカミ数出すなり相手に合わせて編成を変更する。
4行ってもロイテルのUG費用が重すぎるので普通に3で軍出し続けましょう。

全体のポイント
・海があるなら海内政を作る事を意識、陸で押し負けても海内政が生きていればまだチャンスを作ることができます。
・ある程度の軍量が揃うまでは迂闊に前に出ない、軍量を見誤らない。
・スカミ槍で前を押す場合は槍を多目に揃える。ボウライダーではあまり効率よく槍を倒せない、チーフ・斧騎兵・ドックソルジャーへの対応に必須。

オランダ vs 日本ポルブーム 

New!texas vs 日本FF

リプレイリンク

スタンダードな立ちあがり、2入りまでに銀行1件を立てる。
木の伐採は50だけ入れておくと人口枠30になるので槍8まですんなり切れて楽になるかも。

人読みでポルブーム、以前の経験から薙刀スタートしてくるだろうと踏む。
スカミスタートも可能ですが、シベリアでは金・イチゴのハラスかなり厳しいので4bankでのFF体制を採用しました。

スイスは相手の騎兵に対して非常にアンチ性能が高い・攻城能力も高い為、非常に使いやすいです。
大砲生産が回った時点で前を押して出来る限り建物を割る。
後は大砲とロイテルの生産を続け、mapコントロールを確保しつつ消耗戦をしていれば自然と軍が溜まって押せる形になる。
相手の4入りはこちらにとってのチャンスなのでロイテル大量に揃えて火矢も流鏑馬もロイテルで食って押切りを狙う、
押しきれなかったらGGです。

交易boomという手もあるのですが、相手に壊される可能性が高いので確実性のあるbankでのboomを選択する方が楽になります。

全体のポイントとしては
・map情報を把握し、封鎖的に動けるかというのを把握する。
・ロイテルの数を削らない、大砲の4倍を意識、ロイテルでの流鏑馬対応を可能にする。

オランダ vs オスマン即3 

大資源マップ という事であまりよろしくない組み合わせ。
偵察、デッキからFF FI系統と判断した為ハサーでの資源封鎖をしつつ内政を作る形を取っていく。

2入り中に銀行を1件立て、銀行カードを切って銀行2件の体制で進めていく
銀行分の木材以外は必要ないので肉と金を3:2くらいに振り分ける。ここらへん適当、肉多めに取って農民止めても別にいいくらいの勢いで生産する。

ハサー1回し以降は生産をせず3を目指すように農民を振る。3枚目に切るカードは農民4or木700 木700のが安定する。
3入りしたらロイテル9→スカミ→スカミの手順でスカミドラの形を取っていく。
スカミを極力大事に使い、生産は2小屋でロイテルだけ。

大砲はロイテルさんが頑張って割ってくれます。当てられない時は相手の中継を切る動きをしましょう、執拗に。執拗にね。
大砲が壊れたらスカミで追撃をしつつロイテルを追加して削れるうちにイエニを削る、マムが来た時にイエニがロイより多いと負けパターン。

マムも頑張ってロイテルさんで消す、それ以外に未来は無いです。。
マムが出てくる時までにイエニが削れていれば後はロイだけで押し切れるはず。

マムまで消しきることができたらあとは大砲生産かシパかハサー辺りなので全てロイ出していれば勝てます。
少数のスカミで引き打ち、後はカラコルを入れたロイが相手の軍も潰しますし内政も潰してくれます。

参考リプレイ

オランダ 

銀行により天然資源依存が薄いのが特徴
2の時代から出す事の出来るスカーミッシャーを上手く利用し、相手に合わせ柔軟に対応する事が出来る
中国・インド・イロコイ・オスマン等の強い文明に対してアンチ能力が高いのが印象的である

オランダで非常に重要なのは相手の偵察をきっちり行うことである
初期からいる使節を上手く利用する事で相手の偵察をし、戦略を判断 それに対して有利な戦略をこちらがぶつける事が必要となってくる

肉状況を見て小屋を前に出す、即3であると判断して即3を潰せる編成を持っていく
そのような形を取りやすいのがオランダの強みある
柔軟に対応できるというより柔軟に対応しないといけないというのが本来なのですが。

オランダの各文明に対する対策論は後日。要望があればそれを優先して書きます。(中華の各文明対策論も中途半端で終わってるけど・・・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。