スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階級によって何が違うのか 

下士官と尉官の違い。尉官と佐官の違い。

少尉になるまでは本当にテンプレをこなすだけでなれます。
ドイツ即3 中華即3 オスマン2R インド2R・・・等その文明で鉄板と呼ばれる戦略をムラ無くこなすだけ。

最初の壁は少尉から中尉の間だと思ってます。

少尉までなると中尉・大尉・少佐などと対戦で当たることも多くなり、このレベルの相手だと脳筋戦術1本では対策が確立されており成立しないこともしばしば。
この辺りから文明間での厳しい差が感じられると思います。そこで戦略を複数持つ事が重要になる訳です。
戦略を複数持つ、自分の持つ視野を広くする事で勝率を上げることが可能だと思っています。

相手の文明に対する知識というものもこの辺りから必要とされてくるはずなので、色々な文明に触れてみるのも手かもしれません。

中尉から大尉の間はそれがより顕著に現れます。
実際に対戦してみた経験などから相手文明がどのような作戦を取ってくるのか、という相手の戦略を読むことが必要とされてきます。

2つ目の大きな壁、大尉~少佐が非常に高いハードルとなっています。

私は尉官と佐官の違いを「その文明に対する知識、相手のオーダーに対して勝てる戦術、全体の操作量(視野の広さ)」が主な点となっていると考えます。

相手を知り、己を知れば百戦危からず。ということわざがあるように、相手がどういう戦術を取ってくるか、その戦術に対してどの様な戦術をこちらが取れば勝つことが出来るか。といった事が非常に大事になってくるわけです。

ここらへんで第一部終了、第二部は具体例を挙げて後日書き上げます。

スポンサーサイト

各文明対策 ここだけは抑えておこう編 

中国での各文明対策論。今回は少なくともここだけは抑えておきたいというのを簡単に。

・イギリス
LBに対抗できるユニットが2の時代だと居ない。3に行けば馬馬が止められないので馬スケ編成狙い。
内政はブースト速度が違うので軍での勝ちを狙うしかない。

・フランス
キュイがめんどくさいので偵察重視。スイスやランツクといった強い重歩兵系の傭兵もいるので要偵察で出来るだけ相手の兵科に合わせた編成を取る。

・オランダ
即3鉄板。2だとスカミに対抗できるユニットが居ないので3での馬スケに頼りたい。砲兵育成所見えたら迷わずHM切る・馬をメインにする決断が必要。

・スペイン
カードが大量に切られるのがめんどくさい。出来れば一発で引ききってカード軍ブーストをかけられないように意識する。即3ならこちらも即、ワンダー建設8人使って速度重視。semiFFの槍8に対してはTCショット当てて行けば被害受けずに追い払えるはず。

・ロシア
即3成立せず、なんとか2でがんばって受けよう。早めに3行くのが大切。義和団ワンチャンあります。

・オスマン
即3成立せず、前線小屋確認してからの2受け切り替えが可能だったりするのでロシアよりは戦いやすい。
イエニハサーが凄く硬いので本陣で壁や建物を使ってうまく射程差で削る。
イエニアブスはTCショット入れてアブス削りつつ3入り狙いで動きたい。

・ドイツ
2で攻めると民兵+ウーラン+カード軍が鬼畜過ぎるので早め3入り狙い。基本的に馬を揃えていく。
威嚇斉射が馬車・ドッペルにかなり効果が高いのでそれでがんばる。

・ポルトガル
即海なら交易取って即4or前線村からのHMでTC狙い。即3なら相即3で基本有利。
2Rなら軍量出てないので即3でカウンター。
全体的に即4が安定します。

・アステカ
義和団切って前線妨害。切らない場合はとりあえず2で受ける形を取る。ケシク出さないと負けるので出してがんばる。結局操作次第。軍量差をつけさせないのがポイント。

・スー
相手に軍を貯めさせない。2Rが意外と鬼畜性能なので2入り・3入りの速度を重視、軍カードを切って即3カウンターをきっちり入れる。

・イロコイ
努力と根性でがんばる。超がんばる。
即3出来ればまだ楽。相手の戦略に合わせて2R・semiFF・FFの切り替えが出来ないと勝つのは厳しい。

・日本
ポル同盟は面倒。和弓に対抗できるユニットが居ないので操作で勝つしかない。
まあ即3しとけば安定ではあるが相即3になると詰む。

・中国
semiFFor2Rの駆け引き。馬の出し合い。満州のタイミング。4入り時の軍量。
ミラーは難しい。

・インド
意外と2Rが決まる。が、グルカが辛い。即3狙いでも初段セポイ12、そしてソワルカードが出てくるとどうしようもないぐらい詰む。同階級以上の相手なら戦略で勝つしかなさそう。

地震 

記事書いてたら震度7とか洒落にならん。
東北付近の方、無事を祈ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。